求人サイトの登録者だけが紹介を受ける非公開の案件です

看護師の転職・求人サイトをご覧になったことのある方は、「求人件数○△□×件」という数字の横などに「非公開求人もたくさんご用意しております」という一文が添えられている場合があることにお気づきかと思います。読んで字のごとく、そのサイトに登録しないと情報を見たり、応募できない案件のことです。特に大手の転職・求人サイトでよく見られるのですが、どういった理由で非公開なのでしょうか?

例えば、病院施設などで看護師さんが突然の病気などで予期していなかった欠員が出たとしましょう。通常のサイトに掲載されるには審査などの関係で1ヶ月近く時間がかかる場合もあるのですが、その病院はそんな悠長なことは言っていられません。

また、誰でも見ることができる公開求人の場合、なかにはその案件にそれほど本気でない方・応募資格から外れている方も「とりあえず」的な感覚で応募するケースも少なからずあります。病院の採用担当者は多忙を極めていますので、非公開求人にすることによって、あらかじめ求人サイトに登録している本気度のある人だけを面接する、または1次選考の役割を転職・求人サイトに任せることができるのです。

特に給与や有給休暇、託児所などの待遇や環境面が整っている大きな病院やクリニック、新規オープンに伴う募集などでは、一般に公開されない案件が多くなります。

登録者のみが紹介を受けることができる求人ですので、非公開求人が多いサイトというのは、それだけ選択肢が増え、求職活動を有利に進めることができます。有効に活用して、あなたの希望にピッタリ合った病院施設を見つけてください。

また、非公開の求人案件が多いサイトは、看護師の募集を行っている医療機関や企業からの信頼が厚いともいえますので、サービス内容を比較する際には、ひとつの基準として参考にしてみるのもよいでしょう。