仲間がいっぱい!再就職支援セミナーで自信を取り戻しましょう

ナースセンターでも研修を実施しています

妊娠・出産、子育てのために看護の現場を離れている「潜在看護師」さんの数は全国で55万人にものぼります。そのうちおよそ8割の方が「子供が大きくなったら、また職場に復帰したい!」と希望している(日本看護協会調べ)のですが、なんらかの不安があって躊躇してしまう方も少なくありません。

なかでも多いのが、「以前習得した知識や技術を忘れていそう…」、「職場を離れている間に登場した医療機器に対応できるかどうか不安…」など、数年間のブランクに関するものです。他の仕事とは違い、命の最前線で働くナースのお仕事はちょっとしたミスが事故に繋がることも少なくないだけに、皆さんが不安を感じるのも当然のことだと思います。

そんなときに活用したいのが、復職を希望する皆さんを対象として医療機関や自治体、看護専門の求人サイトなどが定期的に開催している「復職支援セミナー」です。

これは希望者の皆さんが一緒になって、バイタルサイン、注射、採血、輸液ポンプの操作、酸素吸入・吸引法、BLS&AED、呼吸・循環アセスメントなどについて、医師やベテラン看護師に研修を行ってもらったり、最新の医療機器を導入している病院を見学するというものです。

例えば、東大病院は医療系人材紹介サービスと共同で再就業支援プログラム「Re-ナース」を開発し、5日間、10日コースで医療界の動向についての講義、最新機器を使った演習、ストレスマネジメント、病棟やICUの見学など本格的な研修を行っています。

就職前に研修を受け、現場の感覚や技術を取り戻したり、最新の医療機器に関する予備知識を習得しておけば、ブランクに対する不安をかなり軽減できますし、なによりも自分に対する自信も取り戻すことができますよね。

実際に研修に参加された方からは「看護師の慢性的な不足を新聞やニュースで見るたびに社会に役立ちたいと思っていました。保育所の問題など不安はあるけど、研修を受けたことで『もう一度、資格を活かして働きたい』という意欲がグッとわいてきました。」といった感想が寄せられています。そして、自信を取り戻したなら、今度はあなたと患者さんが笑顔になれる理想の職場探しを始めましょう!