看護師からの転職組が多い臨床開発モニター(CRA)

製薬メーカーやCROから医療機関へ派遣されます

厚生労働省から新薬の製造販売に関する承認を取得すためには、患者さんや健康な方の協力を得て、その医薬品の効果や安全性、副作用等を調べる臨床試験(治験)のデータが必要となります。

CRAは、治験を実施する医療機関を訪問して、治験が薬事法やGCP(臨床試験の実施の基準)に従って適正に行われていることを確認し、保証する役割を担っています。
また、医療施設から治験のデータを回収・精査し、不備が認められた場合には、再度医療施設に掛け合って正しいデータが得られるようにします。

治験コーディネーター(CRC)と仕事の内容が似ていますが、CRCが被験者の立場から治験の円滑な実施をサポートするのに対して、CRAは実施機関である医療機関の立場からサポートを行うという違いがあります。

CRAとして働きたい場合、国内および外資系大手製薬メーカー、製薬企業から治験業務の一部を請け負い実施する医薬品開発業務受託機関(CRO)などに入社後、各社内で実施される研修を受けるのが一般的です。

医師と接したり、カルテを読む機会が多いため、医療全般に関する知識はもとより、高いコミュニケーション能力も求められています。そのため、看護師や薬剤師、臨床検査技師からの転職組が大半を占めているのが特徴で、特に20~30歳代前半の看護師有資格者を採用している企業が増えています。